Gadget Lunatic

macbook pro ram

MacBook Pro (Mid 2012)のメモリを8GBにアップグレード / 内部の掃除。

未分類 / Posted on January 25, 2014

MENU

こないだ、ようやく注文していたMacBook Proのメモリ(RAM)が到着したのでMacBook Proのメモリを換装しました。MacBook Proのメモリを交換するためにいざパソコンを開いて中身を見ると、汚れていたのでついでに掃除もしました。

僕の持っているMacBook Pro (Mid 2012)が対応しているのは、アップルのサポートページにある記事を見ると、SODIMM DDR3 PC3-12800なので、今回はこのTranscend製のメモリを購入しました。4GBのメモリが2枚です。mbp-ram-upgrade-01

メモリの交換を始める前にMacの電源を切り、10分ほど待ちましょう。

メモリを換装するためにはMacBook Proの裏蓋を外します。裏蓋は10本のネジで固定されているので精密ドライバーで外します。このとき、10本のネジの内、3本は大きいネジ、残りは小さいネジなので注意しましょう。mbp-ram-upgrade-02

蓋が外れるとMacBook Proの中身と対面。パーツの配置がとても綺麗ですが、ゴミやホコリが溜まっていて汚い。(´Д`)急遽掃除することにしました。 mbp-ram-upgrade-04mbp-ram-upgrade-03 mbp-ram-upgrade-05

エアダスターはさらに奥にゴミが飛びそうであまり好きではないので、違う方法で掃除しました。最初にゴミを大まかにティッシュで拭き取り、残りの細かいホコリや、隙間のゴミは綿棒で取り除きました。(自己流なので自己責任で。濡れたものや、通電しそうな物を使わなければ大丈夫だと思いますが…)

結果は…

mbp-ram-upgrade-06mbp-ram-upgrade-07それなりに綺麗になりました。(ーー;)

さて、掃除が終わったところで本題のメモリ換装。既存のメモリは、メモリの外側にあるレバーを押します。すると、メモリが斜め上方向に飛び出します。二枚目も同様に外します。

購入したメモリは、切り欠きの位置をスロットと合わせ、傾けてセットします。あとはメモリを押し込みます。きちんと入ると、カチッと音がします。二枚目も同様に入れます。

あとは、ネジの大小に注意しながら裏蓋をとじて電源を入れるだけです。起動したら、
左上のリンゴマーク > このMacについて…
を開いて、詳しい情報…をクリックします。システム情報というアプリが起動するので、メモリという項目を開いてメモリがMacに認識されていることを確認しましょう。

4GBのころは、アプリを複数開いたり、ブラウザをタブだらけにすると、度々メモリになり動作が遅くなりましたが、8GBにしてからはメモリ不足に陥ることはなくなりました。メモリを8GBにアップグレードしてMacの使用がとても快適になりました。

memory check

換装前。

memory check

換装後。

フィードバック

まだコメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>