Gadget Lunatic

geektool-ocean-clock

Geektoolで遊ぶ。(2) 時計の表示を工夫する。

Mac / Posted on January 27, 2013

MENU

今回は、Geektoolを使ってMacAppStoreのGeektoolページの砂漠デスクトップのように、時計などのGeekletを背景の一部に隠す方法を紹介します。

このMacAppStoreにあるスクリーンショット、僕もどういう仕組みか不思議でした。やり方がわかったので、実際にやってみました。geektool macappstoreのスクリーンショット。

時計の一部を隠す方法。

意外に仕組みは結構簡単でした。Geektoolで時計を表示させたあと、隠したい陰となる部分を画像ファイルとして表示させるだけです。簡単。

手順。

今回、画像の編集にはPixelmatorを使用しました。(Pixelmator – Pixelmator Team) MacAppStoreの有料アプリですが、お勧めします。(他のアプリでもレイヤー機能があれば問題なくできます。)もとの画像はこちら。geektool用海の写真

  1. 使用する画像ファイルを選び、Pixelmatorで開いたら、時計を隠した部分を選択ツールを使い指定します。(適当に選択ツールは使い分ける。)geektool-ocean-1
  2. 次に選択した部分を新規レイヤーにコピーします。geektool-ocean-2
  3. おっと、忘れていましたがデスクトップの縦横比率に画像が合うよう、トリミングをしましょう。あとあと面倒になります。geektool-ocean-3
  4. コピーしたレイヤー、元のレイヤーを別々に適当な場所に透過PNGで書き出します。
  5. それができたら、まず書き出した元のレイヤーをデスクトップの背景に設定します。
  6. あと、image geekletでコピーしたレイヤーを書き出したファイルを表示させます。(このとき、画像サイズはデスクトップの解像度、位置は(0, 0)に設定します。)geektool-ocean-4
  7. そしてshell geekletで時計を表示させます。geektool-ocean-5
  8. 最後に、image geekletを選択した状態で、右クリックしてmove to frontを選択すれば、時計の一部が隠れます。

完成。なお、僕が作った画像ファイルはここからダウンロードできます。

フィードバック

まだコメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>