Gadget Lunatic

MENU

Linux MintをMacに入れて遊ぶ。(2) ~rEFItを使用~

Linux / Posted on February 4, 2013

前回、Linux MintをMacにインストールすることにしました。今回はその準備です。

DVDのインストールディスクを作成。

インストールメディアの作成。まず、Linux MintのホームページからLinux Mintをインストールするためのisoイメージをダウンロードします。次に、ダウンロードしたisoイメージを焼くDVDをMacに入れ、ディスクユーティリティを開きます。

isoイメージを選択DVDを入れたら、右上にあるディスクを作成をクリックします。先ほどダウンロードしたisoイメージを選択してDVDに焼けます。

ここからが少々面倒なところ。

rEFItを使う。

実は、Macのブートローダー、EFIはLinuxのブートができません。なので、フリーのブートローダー、rEFItを入れなければいけません。

しかし、rEFItをMacのEFIに置き換えたくないので、Linuxをインストールするディスクに入れて、Linuxを起動するときのみ使います。

rEFItのホームページから、rEFItのディスクイメージファイルをダウンロードしてください。

手順。

MacにLinuxをインストールするディスクを接続します。ディスクユーティリティを開き、そのディスクのパーティション設定画面を開きます。

パーティションを2つに切ります。

一つは、rEFItを入れるパーティション。 フォーマットはMac OS 拡張、サイズは30MBとしています。ディスクユーティリティ

もう一つは、空き領域のままにしておきます。

なお、オプションをクリックしてパーティション方式をGUIDにしてください。ディスクユーティリティ

パーティションを切り終わったら、rEFItからダウンロードしてきたディスクイメージの中にあるefiフォルダを最初に作ったパーティション直下にいれてください。

ターミナルを開き、cd /Volumes/[パーティション名]/efi/refit/と入力。次に./enable.shと入力します。これでrEFItをディスクに入れるのは完了。refitを有効化

起動。

オプションキーMacをOptionキーを押しながら起動します。すると、起動ディスクの一覧が出てきます。起動するディスクを選択先ほど作ったDVDを入れると、CDがWindowsとして誤認識されますが、そのまま選択。Linux Mintがインストールメディアから起動できたら成功です。linux mintのDVDインストールディスク起動完了。

今回はここまで。次回はLinux Mintをインストールします。

フィードバック

  1. ゆうすけ

    こんなやりかたがあったんですか。
    すごいですね。ぜひやってみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>