Gadget Lunatic

uskeyboard cover写真。

MacのUSキーボードとJISキーボードを比較…

Mac / Posted on February 24, 2013

MENU

僕は、iMacではUSキーボード、MacBook ProではJISキーボードを使っています。その二つを比較してみました。

USキーボードuskeyboard

僕はUSキーボード派です。そのメリットは…

  • 表示がシンプルでかっこいい。
  • 一つのキーに2つ以上文字/記号が当てられていない。
  • スペースキーが長い。

USキーボードはまずシンプルでかっこいいです。また、1つのキーに2つ以上文字/記号が割り当てられていません。なのでこっちのほうが配列を覚えやすく、速く打てます。それにかなで入力する人が現在いるでしょうか?

JISキーボードjis keyboard

一方でなぜ新しいMacBook ProではJISキーボードを選んだかと言うと、それしか選択肢がなかったから。MacでUSキーボード版を売っているのはApple Storeと他に数少ない店のみで、値段も定価の場合が多いです。USキーボードにその差額の価値を見いだせませんでした。

まぁ一応、JISキーボードのメリットもならべておきます。

  • Enterキーがデカい。
  • 英数/かなキーがついている。

JISキーボードの一番のメリット、それはやっぱり英数/かなキーの存在でしょう。通常このキーがない場合、入力を切り替える時はCommand + Spaceを押して選択しないといけません。また、単語を入力したあと、英数/かなキーを2回押して反対の入力に切り替える(例えば、”eisuu”と間違えて入力した際、かなキーを2回押して”英数”に直すとか。)のもすごく便利です。

英数/かなキーをUSキーボードで!

この捨てがたいメリットをUSキーボードで再現するのがKeyRemap4MacBookです。名前にはMacBookと書いてありますが、どんなMacでも使えます。

これはキーボードのキーに違うキーを割り当てるなどキーの配列を変更するソフトです。この中で、左右のCommandキーを英数/かなキーとする変更はめちゃくちゃ便利です。つまり、Commandキーは単体では使わないので他のキーを組み合わせずにCommandキーを押した時には、英数/かなキーとして動作します。

ではインストールしてみましょう。

KeyRemap4MacBookをインストール

こちらよりダウンロードできます。
http://pqrs.org/macosx/keyremap4macbook/index.html.ja

インストールが済んだら、アプリを起動します。そしてCommandキーに英数/かなキーを割り当てる変更をします。(スクリーンショットは古いバージョンなので少し違うかもしれません。)keyremap4macbook

まとめ。

というわけで僕はUS配列をオススメします。JISキーボードのメリットである英数/かなキーはUSキーボードでも再現できます。まぁ習慣が影響する部分もありますが…

 

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>