Gadget Lunatic

iTunesの容量。

iTunesライブラリを外付けディスクに移動する。

Mac / Posted on April 1, 2013

MENU

MacBook Airなどをお使いの方は、内蔵ディスクの空き容量が気になるでしょう。iTunesのライブラリは内蔵ディスクの容量を圧迫します。このiTunesライブラリを普段使わないのであれば、iTunesライブラリを外付けディスクに移動するのも内蔵ディスクの空き容量を増やす一つの手段です。

まず、iTunesを起動している場合はiTunesを終了しましょう。

iTunesライブラリは、ホームの中のミュージックフォルダに入っています。このiTunesというフォルダをまるごと外付けディスクに移動しましょう。iTunesライブラリ

iTunesライブラリのコピーが完了したら、iTunesアプリのアイコンをOptionキーを押しながらクリックして起動します。

Optionキーを押しながら起動すると、ライブラリの場所を指定するダイアログが表示されます。先ほどコピーしたiTunesライブラリを選択して起動しましょう。iTunesライブラリを選択。

あとは、元の場所にあったiTunesライブラリを削除しても問題ありません。これ以降iTunesを起動するときは、Optionキーを押さなくても前にダイアログで選択したライブラリが読み込まれます。

Optionキーを押しながら起動するとライブラリを選択できるこの機能はiPhotoでも利用できます。同様にiPhotoライブラリも外付けディスクに移動すると内蔵ドライブの空き容量を増やせます。

フィードバック

まだコメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>